ソリューションSOLUTION

HOME – ソリューション / コンサルティング事業

コンサルティング事業

組織における災害時のマネジメント体制の確立から、防災体制、訓練シナリオの作成、研修の実施および支援、定着に向けたアドバイスを行います。

組織内におけるインシデント・コマンド・システム(ICS)体制の整備

大規模災害時における組織マネジメントの理論であるインシデント・コマンド・システム(ICS)に定着させるためのコンサルティング・教育体制を実施しています。また、災害復旧の迅速化や円滑化を行うための多機関連携のための支援を実施。

・ICSを活用した災害時の組織マネジメント体制の確立
・現場指揮者と災害対策本部の役割の明確化
・経営者向け 危機管理力向上研修
・ICS基礎研修
・ICS災害対策本部運営研修
・タイムライン作成および訓練運営サポート
・AAR(アフター・アクション・レビュー)訓練精度を高める振り返り

組織内におけるインシデント・コマンド・システム(ICS)体制の整備
研修に関してはこちら

テロを含むオールハザード災害を想定した総合対策の立案・検証

人が集めまる公共の場所および、イベントなどにおけるテロ・化学災害を想定したシナリオの策定から、タイムラインの作成、訓練の実施、プログラムの制度を高めるためのコンサルティング、有事における組織の情報連携方法の確立を行っています。

・危険物、テロ災害マニュアルを活用した事例
・危険物、テロ災害事案が発生した際のマニュル策定
・訓練シナリオの策定とタイムラインの策定
・訓練サポート
・AAR(アフター・アクション・レビュー)訓練精度を高める振り返り

危機管理、リスク対応力診断・調査

危機管理、リスク対応力診断・調査

組織における危機体制の課題を専門的な見地から、ヒアリングし、調査いたします。海外のエビデンスに基づいた観点で診断し、危機管理の脆弱性を明らかにし、改善点を提案します。

サービス提供企業

三菱商事株式会社様、東京電力株式会社様、東電フュエル株式会社様、スリーエムジャパン株式会社様、モリタ株式会社様、ヤフー株式会社様、慶應義塾大学様、立教大学様、SOMPOリスケアマネジメント株式会社様、株式会社価値総合研究所様、米国セキュリティ・マネージメント・インターナショナルLLC様、等

日本防災デザインの3つの特徴

1.確立された手法による確実な実践対応力の向上

甚大災害が発生し、混乱と喧噪の中でも、状況を的確に読み解き、沈着冷静な判断ができるような状況を創り出すにはどうすればよいのでしょうか。株式会社日本防災デザインは、国内外のエビデンス(根拠)に基づく理論を活用し、円滑かつ迅速に災害復旧を行える危機管理のあり方と手法をご提案します。

 

2.ブランディング戦略も意識した危機管理

企業の社会的責任に対する要求が高まる中、企業のブランディングは大切な要素です。発災の原因や回復の過程で、社会の批判に晒されれば、ブランドが毀損し、被害総額がさらに大きくなります。日本防災デザインでは、常に社会の目や、お客さまの目を意識し、ブランディングに配慮したご提案もさせていただきます。

 

3.経験豊富な指導者、コンサルタントによる多角的な視点からのご提案

国内外の大学機関、研究機関、企業とのネットワークを持つ防災・医療・リスク管理の専門家から軍事関係者まで、広い範囲の経験豊富なコンサルタント・エキスパートによる、多角的視点からの質の高い分析・検討をご提供いたします。

その他のソリューション