コンサルティング事業
Consulting

究極の目標は、
「マインドフルネス」を創ること

迫りくる火焔や津波や土石流、もしくは猛毒物質の拡散など過酷な状況の中で、
多くの被災者の呻きや甚大な被害状況を眼前にしながらも、
研ぎ澄まされた感覚をフルに働かせ、自分を失わずに沈着冷静に状況を判断し、
人間愛と自らの使命を胸に、集中力をもって果敢に戦いに挑む。

発災時になによりも大切なことは、
最前線の隊員や後方の指揮官はもとより、
経営トップも含めた全社が、
そのようなマインドフル(mindful)な状況を保つことです。


時事刻々と変化するその一瞬一瞬に、
個人も組織も、その持てる力を、伸びやかに、余すところなく発揮する。

厳しい状況に追い込まれても、仲間と自分を信じ、
決して諦めず戦い続け、ミッションを完遂する。

そのようなマインドフルな状況を想い描くことから、
日本防災デザインのコンサルティングは始まります。


非常時の体制や情報伝達のあり方、装備品や機材の整備、
ロジスティックスの編成、平常時の訓練の必要性と内容など、
全ての課題の解は、「災害対応という戦場における
マインドフルネス( mindfulness )をどう形成するか」に帰結します。

コンサルティングサービス例

BCPの実践性の検証を中心に、下記を実施もしくは現在実施中

  • 福島イノベーション・コースト構想推進民間企業協議会防災部会のご支援
  • テロを含むオールハザード災害を想定した総合対策の立案・検証
  • 社内インシデント・コマンド・システム(ICS)体制の整備
  • 発災後の拡大抑制、鎮静化までを実施できる自衛消防隊の養成
  • 総合防災施設の建設に関するプロジェクト推進
  • 危機管理・リスク対応力診断 等
サービス提供企業

三菱商事株式会社様、東京電力株式会社様、東電フュエル株式会社様、スリーエムジャパン株式会社様、モリタ株式会社様、ヤフー株式会社様、慶應義塾大学様、立教大学様、SOMPOリスケアマネジメント株式会社様、株式会社価値総合研究所様、米国セキュリティ・マネージメント・インターナショナルLLC様、等

日本防災デザインの3つの特徴

1.確立された手法による確実な実践対応力の向上

ひとたび災害が発生すれば、社内は戦場と化すことは、3.11で多くの皆さまがご経験されたとおりです。混乱と喧噪の中でも、状況を的確に読み解き、沈着冷静な判断ができるようなマインドフルな状況を創り出すにはどうすればよいのでしょうか。
日本防災デザインは、下記の一連の確立された手法を適用することにより、どの企業もマインドフルな状況を創り出すことができると考えています。
(リスク評価、影響度評価→到達目標設定→予防・軽減・コミュニケーション・運用手順・インシデントマネジメント等の項目整備→必要な教育の計画・実施→演習の実施・評価等)

2.ブランディング戦略も意識したロスコントロール

企業における危機管理の目的は、発生した災害の拡大を最小に抑え、早期に収束をはかり、通常状態に事業を回復するにより、被害総額をできるだけ少なくすることにあることは言うまでもありません。
一方で、企業の社会的責任に対する要求が高まる中では、企業のブランディングも大切な要素となります。発災の原因や回復の過程で、社会の怒りを買うようなことがあれば、ブランディングの毀損の痛手のほうが、被害総額をはるかに上回ることも起こりかねません。
日本防災デザインでは、ロスコントロールにあたっては、常に、社会の目や、お客さまの目を意識し、ブランディングに配慮した、ご提案もさせていただきます。

3.経験豊富な指導者、コンサルタントによる多角的な視点からのご提案

国内外の大学機関、研究機関、企業とのネットワークから、防災・医療・リスク管理の専門家から軍事関係者まで、広い範囲の経験豊富なコンサルタント・エキスパートによる、多角的視点からの質の高い分析・検討をご提供いたします。

防災知識をメールで学ぶ

消防・危機管理の百科事典 エッセンシャルズ

お役立ちコラム