危険物・テロ災害初動対応ガイドブック(Emergency Response Guidebook 2016)日本語版 (発売中)


icon3

【危険物・テロ災害初動対応ガイドブック(Emergency Response Guidebook:通称ERG)とは】

現在の危険物・テロ災害初動対応ガイドブック(ERG)はカナダ運輸省(TC)、米国運輸省(DOT)及びメキシコ通信交通省(SCT)とアルゼンチン緊急事態のための化学情報センター(CIQUIME)とで共同策定されました。

危険物や危険物質が関与する輸送事故現場に最初に現着する可能性のある、消防士や警察、その他の緊急対応業務を行う人が利用できるように作られたものです。

危険物・テロ災害初動対応ガイドブック(ERG)は、緊急対応要員が、緊急事態において、災害の対象となる物質の有毒性や有害性を素早く特定し、事故後の初動対応時に、自分自身と一般市民を保護できるように策定された手引書です。

危険物・テロ災害初動対応ガイドブック(ERG)の詳しい利用方法については、『消防業務エッセンシャルズ第6改訂版(日本語版)』の第24章において詳しく解説されておりますが、実は日本においても平成26年2月12日に総務省消防庁で行われた「消防・救助技術の高度化等検討会」第2回検討会の成果物として、ERGの説明が最終報告書に記載されています。

http://www.fdma.go.jp/neuter/about/shingi_kento/h25/gijutsu_koudoka/index.html

 

【ERG2016について】

日本防災デザインでは、2016年6月米国にて刊行された最新版ERG2016の日本語翻訳を完了いたしました。初期隔離距離、風下警戒区域、放射性物質に関する記載も入れた完全版です。

ERG2016は、前版のERG2012に比べると、最近のテロ情勢なども踏まえて、初期隔離距離、風下警戒区域なども大幅に改定されています。それだけ実効性、実用性は高まったものと思われます。

以下がERG2016の主な変更点です;

■ガイドブックの使用方法がフローチャートになりました。
■下記を含む多くのセクションが改訂されました:
・マーク、ラベル、プラカード類及び現場で使用する初期対応指針。
・列車やタンクローリーの認識チャート
・防護服
・即製爆弾(IED)の安全距離
・索引
■新たに追記されたセクション:
・目次
・GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)
■イエローページ及びブルーページの危険物質一覧表
・国連推奨危険物輸送19改訂版に記載された、新しい危険物質
■オレンジページの応急措置指針
・いくつかの指針情報
・新たに2つの吸着ガスについての指針が追加
■グリーンページの初期隔離距離及び風下警戒区域:
・新たな毒性データと反応性研究に基づく更新された初期隔離距離及び防護措置距離(表1及び3)
・表3に「環境的特徴からの推定風速」が追記

↑特にグリーンページの距離については、ほとんど全てが変更になっていますので、注意が必要です。

※米国及びカナダだけに適用するものは割愛しています。

 

永らくお待たせいたしましたが、その最新版の翻訳が終了し、11月1日より発売しております。

なお、すでに『消防業務エッセンシャルズ』をお買い求めいただいた「エッセンシャルズ友の会会員」の皆さまには正価5,000円(税込)のところを本体3,700円+税296円(送料込み)の特別価格で、12月31日までの期間限定でご提供させていただいております。

また、翻訳者の熊丸由布治が直接指導する『危険物・テロ災害初動対応ガイドブック』発売記念セミナー も、年内に限り、3,000円で受講いただけるようご提供しております。

ぜひ、これらの特典をご利用いただきたいと存じます。

ご購入は、日本防災デザイン・オンラインショップからのみとなっており、書店およびAmazonではお買い求めいただけませんのでご了承ください。 http://www.jerd.jp/

商品の詳細およびご購入は ⇒こちら

よろしくご購入検討いただいますようお願いいたします。


消防業務エッセンシャルズ索引


 

消防業務エッセンシャルズ第6改訂版の巻末には2つのグロサリー(用語集)がありますが、1つは本編内に記載されている重要用語に関する索引のページと、もう一つは単純に単語を索引として一覧にしているページです。

2つ目の索引は52ページに渡り、約7,000の用語が網羅されています。

この最後の索引だけでも、ちょっとした消防用語実務辞典と同等の価値をもたらすコンテンツであると、しみじみと実感しています。

本編をご覧になる際、こんな部分も意識して読んで頂けると、また違った楽しみ方が出来るのではないかと思う次第です!

9月の発刊を楽しみにしていてください!

 

Glossary_Divider

 


第3弾 『エッセンシャルズ第6改訂版の工夫』


各チャプターの内容へ入る前に、この本がどのように構成され、読者にとって使いやすいように工夫されているかについて触れてみましょう。

1,600ページに渡る膨大な情報が集約されているので、見るだけでお腹一杯になってしまったら、せっかく80年間もかけて熟成してきた「消防・危機管理のバイブル」も、威力を発揮する前に本棚の飾りになってしまいますよね。(笑)

そこでオクラホマ州立大学の国際消防訓練協会(IFSTA)は英知を結集して、より良い構成にするよう工夫を繰り返してきました。

最新の改訂版のコンテンツには次のような特徴があります。

1.全米防火協会NFPA1001「消防士の専門資格に関する規格」に基づき、Firefighter I及びFirefighter IIの業務遂行要件(JPR)に適合した内容に仕上がっている。→ 根拠が明確である!

2.様々な訓練機関が、この2つのレベルを個々に又は組み合わせて訓練プログラムを作成できるよう構成されている。→ ユーザーの工夫により活用の幅が広い!

3.全米防火協会NFPA472、「危険物/大量破壊兵器災害対応者の能力に関する規格」のアウェアネスレベル、オペレーションレベルの業務遂行要件に適合している。→ 初任科の段階で基礎的なNBC対応のイロハが凝縮されている!(例えば、ERG:緊急時応急措置指針2012の詳しい活用方法が説明されている。=総務省消防庁平成26年救助分科会でも活用を考慮との指針が出ている)

4.様々な種類の重要な情報を記号やアイコンが付いた影付きのボックスの中に記載している。→視覚的に整理されているので、見やすくなっている!(例:Firefighter I及びIIアイコン – これらのアイコンは、NFPA®のFirefighter I 及びFirefighter IIの要件に適合する章を示している。→それぞれの必要要件がはっきり視覚化されていて、理解しやすい。)

5.警告、注意及び注釈の3種類のシグナルワードが使用されている。→ 重要項目を見落とさない!

6.各チャプターの冒頭で必ず、過去事例が示され、問題提起から導入されている。→ 現場での疑似体験を想起させる!

7.写真や図表が豊富に使用されている。→ 見ていて飽きない!

8.各チャプターのゴールが明確に示されている。→ 自分の理解度を確認できる!

と、ざっと挙げただけでも数々の工夫が随所に行き届いています。

なので、私はこのエッセンシャルズが大好きで、非常に強い愛着を感じています。

時々、一緒に枕元に置いて寝る時もあります。(笑)

さて冗談はこれくらいにし、

明日からは、いよいよ各チャプターの内容を掘り下げての解説を始めたいと思います。

明日はチャプター1「序文及び消防の歴史」について配信致します!

『凝縮された消防・危機管理の知識の宝庫、エッセンシャルズ!!』

この内容をあなたと共有出来ることを光栄に感じております。

今回も最後までおつきあい頂き、誠にありがとうございました!!


第2弾 『消防業務エッセンシャルズ各チャプターのご紹介』


『消防業務エッセンシャルズ第6改訂版』解説メルマガ第2弾をお届け致します。

オクラホマ州立大学の消防業務エッセンシャルズですが、その内容もさることながら実物を手に取ったらまず、見た目にびっくりします(笑)。

1,664ページのテキストブックは縦27,5cm、横21,5cm、厚さ5,2cm、重さ3.3kgというボリューム感たっぷりの、まさしく?消防の百科事典”に相応しい風体をしています。

1977年の初版が発行されるまでは、カテゴリー別に一冊ずつ作られていたのですが、エッセンスを集めて今のような風体になりました。

なので「エッセンシャルズ」というネーミングがぴったりはまりますね!?

さて、能書きはそのくらいにして早速その内容がどうなっているのか紐解いていきましょう。

前回2008年に発刊された第5改訂版から、救急救命の教育専門誌「BRADY」(救急救命訓練の教本の発行では最大の出版社)の協力により、その内容を更に充実させることに成功しました。

通常の消防エッセンシャルズは21章で構成されておりますが、拡大版の消防業務エッセンシャルズ第6改訂版は全24章で構成されています。

拡大版の各チャプターは次の通りです。

1 序文及び消防の歴史

2 消防士の安全と健康

3 消防通信

4 建築構造

5 火災性状

6 個人用保護具

7 消火器

8 ロープ、ウェビング、ノット

9 構造物の捜索、要救助者搬送、ファイアーファイター・サバイバル

10 照明活動、救助資器材、車両からの救出、テクニカルレスキュー

11 強制進入

12 積載はしご

13 換気戦術

14 水利

15 消防ホース

16 消防放水

17 火災防ぎょ

18 ロス・コントロール

19 火災原因調査

20 消防用設備

21 命を守る防災教育

22 消防士による緊急医療活動

23 危険物・大量破壊兵器による災害の危険性、性状、認識

24 危険物・大量破壊兵器による災害の鎮静化

付録

A NFPA職務遂行能力要件(JPR)
B 病院到着前の9-1-1緊急医療対応:医療機関への引き渡し及び協力に関しての米国消防の役割
C 消防士としての癌の危険性に関する認識
D 泡消火薬剤の特性/使用方法
E 警戒を要する18の状況

と、このような構成です。

また、この本体とは別に

チャプター毎にまとめられた、「コース別ワークブック」や

訓練場での使用を想定して作られた「スキルシートハンドブック」

技術に磨きをかけるための「スキルビデオシリーズ」

「オンライン訓練システム」、「フラッシュカード用アプリ」等々

多彩な教材が用意されています。

明日は、『消防業務エッセンシャルズ第6改訂版』に施されている、様々な工夫について解説致します。

どうぞよろしくお願い致します。

『凝縮された消防・危機管理の知識の宝庫、エッセンシャルズ!!』

この内容をあなたと共有出来ることを光栄に感じております。

今回も最後までおつきあい頂き、誠にありがとうございました!!

続く。。。


『消防業務エッセンシャルズ第6改訂版』の解説


本日よりオクラホマ州立大学が発行している

『消防業務エッセンシャルズ第6改訂版』の解説をしたいと思います。

このエッセンシャルシリーズが今の熊丸を育ててくれたと言っても過言ではありません。

1977年に初版が出てから2013年で6回目の改訂となりました。

実に36年の歳月をかけて熟成してきました。

なんか高級ワインみたいですね~(笑)

その内容について、私一人の知識として独占するのは大変勿体ないです!!

そこで是非あなたとシェアしたいと思いこのメルマガを発行することにしました。

第1回目ということで、先日フェイスブックで告知した内容とかぶりますが、ご容赦ください。

国際消防訓練協会(International Fire Service Training Association)が発行している「消防業務エッセンシャルズ第6改訂版」は、消防士志望者が入門教本として、又は既に消防組織に所属している消防士が参考書として利用することを意図して作られています。

また、この教本は消防業務を遂行するための基準を示した米国防火協会の文献、NFPA®1001、「消防士専門資格に関する規格」2013年版に準拠しています。

国際消防訓練協会(International Fire Service Training Association)とは、非営利の消防従事者の教育団体であり、消防従事者の消防技術と安全を訓練によって向上させることを目的として1934年に設立されました。

IFSTAの使命遂行のため、消防出版部(Fire Protection Publications)がオクラホマ州立大学の一組織として設立され、IFSTAが提案、作成及び検証を行った訓練資料の出版及び配布業務を行っています。

また、IFSTAの目的に沿った高品質な学習支援及び指導支援を行っております。

IFSTAの教本は、北米の多くの州や地域、並びに米国及びカナダ政府の多くの機関で公式の教本として採用されていると同時に、NFPA(全米防火協会)の基準(初任科課程)に加え消防及び救急に関する高等教育(Fire and Emergency Services Higher Education (FESHE))課程要件に合うよう作成されています。

数多くの教本が翻訳され、カナダ、メキシコ及び北米以外国々の消防及び救急関係者の訓練に使用されております。

今では常備消防はもちろんの事、消防団、企業の自衛消防組織、自治体の危機管理担当者も活用できる災害時対応または危機管理全般に対するノウハウが満載です。

またオクラホマ州立大学は消防のウエストポイントと呼ばれているほど、消防を初めて学術的なものとして確立した大学です。

ですから、この教本は消防のバイブルとして絶対的な地位を築いています。

それでは、次回からこの教本のコンテンツを解説していきますのでお楽しみに。。。。